about

レミギウス・モリカビュチス(Remigijus Morkevicius:愛称レミーガ)は、1982年8月10日、リトアニア共和国に生まれました。
8歳時の政治不安定(ソ連からの独立運動で1991年軍事介入を受ける)を機会に、親元を離れて祖母に預けられて、以降は祖母と2人の生活に。いつしか祖母を守る為にも、「強くならねば」との想いから14歳でキックボクシングを開始。
その後、祖母が歩行困難となり(骨粗しょう症)、僅かなファイトマネーを闘病中の祖母の治療費に当てていました。

2002年に総合格闘家としても活動を開始し、2002年11月・20歳で日本のリング(総合格闘技ZST興行)に上がるチャンスが生まれて、祖母の治療費の為に絶好の機会と受け止め、日本を主戦場にする事を決意。
以降、類まれな身体能力とアグレッシブな動きによってZST興行で頭角を現し、2005年1月「ZST-GP2」トーナメントで優勝。
同年の総合格闘技HERO’S興行では地上波放送に乗り、ムエタイベースの強烈なスピードと打撃でファンが全国区に増大し、端正な顔立ちから女性ファンも急増。又、元々の専門であるキックボクシングのK-1 MAX興行においても、2006年に魔裟斗と対戦。
負けたものの、レミギウスの名は全国区に。上昇したファイトマネーの殆どを、闘病中の祖母に捧げていた事は周知の事実です。

2008年・26歳時のK-1 MAX興行を最後に日本のリングを離れ、2014年・32歳時のKOKリトアニア興行まで戦い、一時休戦。
2017年に復活の意思を固めていましたが、2016年12月21日トレーニング後の帰宅途中に銃撃を受けました、享年34歳。

特に、長く活躍したZST興行では、所英男選手を中心とする多くの日本人選手と切磋琢磨し、リング外でも交流を広げました。
その後の地上波放送での各試合でも、驚異のリトアニア選手として位置付け、日本の格闘技の功労者の一人と言えます。

※レミーガ追悼委員会(Japan)は、残された家族の意向を受けて集まった日本における有志であり、レミギウスの父とも言えるリトアニアの所属ジム代表・Marius Titanasの助言の元に支援体制を作りました。
 レミーガ追悼委員会(Japan)は、御遺族のTシャツ販売代行を行い、売上金の一部を追悼・支援金として御遺族に送金します。

【実施概要】
追悼チャリティTシャツ販売価格は、Tシャツ特別価格と追悼・支援金で構成されます。
レミーガの「reversal」ブランドへの想いを汲み取った㈱イサミ(reversalブランド制作販売)・磯社長の御好意により、追悼Tシャツは今回限りの特別価格で制作して頂きました。

・販売者=Raimonda Orvydaite
・販売代行=レミーガ追悼委員会(Japan)
・物品制作=reversal(株式会社イサミ)
・販売決済=一般社団法人アスリートエール
・決済管理=染原公認会計士事務所
・販売価格=Tシャツ¥5,000(税込)、タオル¥3,000(税込)
・送料=全国一律¥648(離島は別途)
・支払法=クレジットカード(VISA、Master)、コンビニ払い
・追悼・支援金=販売価格の内、Tシャツ1枚につき¥2,700、タオル1枚につき¥1,100

・送金先=AB SEB Bank(リトアニア)/Raimonda Orvydaite 口座
(販売決済を代行する一般社団法人アスリートエールは、社団員は現預金に触れる事ができず、全財産の管理を外部公認会計士(染原公認会計士事務所)に委託して、公正を追求しています。追悼・支援金は、外部公認会計士の監査・管理の元で、上述口座に直接振込を行います。)

・証明法=追悼・支援金の送金票(銀行振込票)を当サイトに後日掲載し、公正な送金を公開します。
(公開時期=第5次受付分のカード決済会社の決済終了後)